ヨサコイソーラン祭り オフィシャルブログ

台湾紀行~まゆみちゃんが行く~その③
2010/03/08

2月28日(日)
いよいよ出番です!
まずは台湾省私立嘉義濟美仁愛之家という施設へ慰問
施設のみなさんにとびきりの演舞と元気・笑顔をプレゼント!
最後はチームの枠を超えた総踊り「よっちょれ」を踊りました。
観客のみなさんの笑顔がすごくあたたかく素敵な場になりました*^_^*



e291af e291b0 e291b1


移動して、パレードリハーサル。
リハーサルの時点でお客さんがたくさんいて、本番さながらの雰囲気。
本番と同様の迫力ある演舞を披露してくれました\(^o^)/



e291b2 e291b3


メインステージに移動してリハーサル。
ここでハプニングが発生してしまいました。
ステージの面が台湾の暑さによってすごい暑さになってしまい、
裸足で踊っている縁には直にダメージがきてしまいました。
無理をしてしまったメンバーが踊れなくなってしまい、急遽声だしへ。
しかし悔やんでいても本番はすぐそこ。縁のみなさんは仲間のためにも
最高の演舞をすると一人ひとりが心に誓いパレード本番へ臨みました。

30℃の暑さの中、パレードは始まりました。
今回のパレードコースは1.2キロ。その中で4回の演舞をします。



21 22 23 24 25

お客さんの盛大な歓声を浴び、回を重ねるごとに迫力を増し、
仲間のため、観客のため、自分の出せる力を本当に最大限出していました。

縁の演舞はいつみてもすごいですが、見ていて本当に涙が溢れてきました。
会場全体が縁のムードに包みこまれ、あの場にいた人は全員一瞬で縁のファンに
なったに間違いありません。
踊り子さんも最後踊りきった後にお互いがお互いをたたえ、涙を流している姿に
私もそばにいて自然に涙が出てきました。YOSAKOIって素晴らしいですね(ToT)!

そして最終確認後、メインステージでの演舞披露。
総督を目の前にしての緊張の舞台です。
しかし、縁はどんな舞台でも自分の力を精一杯発揮してくれます!



26 27


どんどんフィナーレが近づき盛り上がっているなか、
YOSAKOIが会場に華をそえ、さらに彩りを加えてくれました\(^o^)/!!

台湾の素晴らしい演舞があり、
そしてついにフィナーレ!!!
今年の干支「虎」のメインの巨大ランタンがライトアップされ、同時に花火が
打ち上げられました!すごくきれいで、みんなみとれていました☆ミ

その後、台湾観光局主催の歓迎夕食会が開かれ、素晴らしいホテルで
おいしい料理をいただき、カラオケで盛り上がりました\(^o^)/



28 29


ホテルへ戻り、それぞれ思い思いの時間を過ごしました。

3月1日(月)
3泊4日の台湾もついに終わりです!
今回チーム担当という仕事の中で1番よかったことはチームさんと長い時間
共にすることで、チームさんの生の声や演舞にかける気持ちを直に感じることが
出来た
ことだと思います。そして言葉の壁を越えた交流によって、YOSAKOIを
さらに多くの人に知ってもらい、1人でも多くの人に元気や笑顔、パワーを
与えることが出来て本当によかった
と思います(^O^)/
すごく様々な部分で成長できました。

北海道大学”縁”のみなさん、参加した他のチームのみなさん、
学生実行委員会のみなさん、お世話になった方々、そして台湾のみなさん!
本当にありがとうございました。

また、6月札幌で、どこかで、出会えることを楽しみにしています!


カテゴリー: お祭りレポート